| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日経225miniとは


■日経225miniとは

日経225miniは従来の日経225先物取引のミニサイズとなる商品で以下の特徴があります。
<初心者の方でも安心!>
◎少ない資金から取引ができる
◎日経225先物取引のメリットはそのまま
◎日経225先物取引等と証拠金が相殺できる
◎きめ細かい運用が可能


■少ない資金から取引ができる

日経225miniは日経平均株価の100倍の値段の取引を行うことになります。例えば、日経平均株価が15,000円の場合150万円の取引をすることになります。ただ、株式投資のように150万円が必要なわけではありません。その取引額に応じた証拠金(例えば5万円等)を証券会社に預けることになります。従来の日経225先物取引と比べ取引サイズが10分の1になったので、より少ない資金から取引ができます。


■日経225先物取引のメリットはそのまま

日経225miniは基本的に日経225先物取引が持つ以下のメリットをそのまま受けることができます。
・財務分析や銘柄選択が不要
・倒産リスクを避けることができる
・信用取引のように「金利」や「貸株料」が不要
・売りからスタートできる


■日経225先物取引と証拠金が相殺できる

日経225miniは日経225先物取引と同じSPAN®で証拠金を計算するため、日経225miniと日経225先物取引を行なった場合、証拠金を相殺することができます。
例えば、日経225miniで売りポジションを保有し、日経225先物取引で買いポジションを持っていた場合、証拠金を相殺することが可能です。また、日経225オプション取引等の商品間の証拠金相殺も日経225先物取引と同様にできます。
ただ、日経225先物取引と建玉相殺ができませんので、日経225miniを10単位保有していても日経225先物取引1単位と交換することはできません。


■きめ細かい運用が可能

日経225miniは値段の刻みが5円になっています。つまり、1単位取引した際には日経225miniの価格が1値動くと500円の損益が発生することになります。
従来の日経225先物取引では1万円(10円×1000)の損益が発生していたので、日経225miniではよりきめ細かい運用が可能なわけです。

スポンサーサイト

| 日経225miniとは | 23時49分 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。